読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

babyblue

キスマイとJr.中心のヲタク

ジャニヲタの三連休~VBBとドリボとガラスの仮面と少年たちと時々縁~

今年のシルバーウィークは、3日間で舞台6公演に入りました。

私、ディグダ並に日比谷に現れてました。しかも全部ジャニーズ出演しているという、ヲタクライフ。

 

以下感想

 

9/17
Vamp! Bamboo! Burn!ヴァン!・バン!・バーン!


新感線の楽しいとこ取りの作品だった。いのうえさんの演出にクドカンの脚本だと思うと当たり前なんだけど、新感線の持ってるエネルギッシュさを最初から最後まで貫き通していて、さすがでした。

時間軸が行き来するのも、際どい小ネタガンガン挟み込むのもクドカンだなぁと思ったり。
小さい頃から斗真くんのファンだけど、はじめて生で歌って踊って殺陣して演技してるの見たわ(笑)ラス殺陣の中村くんと斗真くんはかっこよいし、美しかった!

神ちゃんの役は美味しいなぁ~。あの中で浮いてる感じが美味しいんだよなぁ(笑)

 

9/17

DREAM BOYS

去年、たまが座長になってからのをはじめて観たんだけど、なかなかいいんじゃないかと思っていたが、やっぱりもう1歩、年を重ねる毎に進んで貰いたい欲がムクムクしてしまう。

ストーリーはラストを替えたことでわかりやすく…って何年も今年のがわかりやすいって言ってる気が(笑)

ラストシーンは良かったが、もっと自信もって自分たちの曲歌って~!アカペラで自信ないのかな?って感じに聞こえる。

あと、去年に引き続きだけど、ユウタとケントはもっと声量上げて欲しい。声量を上げても表現したい役が出来るのが舞台での演技の上手さだと思うので。

 

 

9/18

ガラスの仮面
まず、新橋演舞場が好き(笑)

前回観た内容と少しかぶる部分があるけど、また違った演出をしている為、2回目の人でも違う作品として観ることが出来た。この作品の最大の魅力はキャストがイメージとぴったりなところ、全く裏切りがないからアップテンポな展開でもストーリーに追いつくことが出来る。ダイジェスト部分と見せ場のチョイスが良い!

劇中劇の二人の女王でルシジェス(?)(桜小路くん)がアルヴィス(マヤ)に「~私の妻になってくれませんか?」と告白するシーンが追加されていていた。二人の女王は出番が増えている印象だった。文ちゃんも前回より良かったと思うし、前より見せ場を貰ってることに感動。

桜小路くんとマヤ推し的には忘れられた荒野が観たいところ!いつかお願いします!

 

 

 9/18,19

縁~むかしなじみ~
ストーリーはよくある話ではあるんだけど、どこか演じてるふぉ~ゆ~本人たちとシンクロする部分がある。前2作品と対比するとコメディ要素は少しだけ控えめだけど、リアリティを高め、役者の細かい芝居や表情をじっくり見たい作品になっていると思った。えっちゃん先生のダンスはとてもかっこよかった!!

リアリティのある芝居。劇中でイカ焼き食べたりビールを飲んだりしているんだけど、食べ物を舞台に持ち込むのってかなり勇気のいることだと思う。

演出でわざとビールをこぼすシーンがあるんだけど、狙ってどこまで出来るのかは正直その都度変わってくるものだから本物の食べ物飲み物を使うってすごく怖いことだと思う。

実際、健太(松崎)が生簀に魚を入れるシーンで少し水をこぼして、拭くアドリブを入れていた。アドリブで対応出来る範囲ならいいが、実際その程度で済むかはわからない。でも、それをあえて使い、リアルなリアクションを求める演出家さんなんだなと思った。

 

あと、福ちゃんと結婚したい人よく見かけるけど、今回自転車2人乗りする福ちゃん見て、私も福ちゃんと結婚したくなった秋。

 

 

9/19

少年たち

OPからウエストサイドストーリー感満載であぁジャニーさんやりたいこと詰め込みまくってるとしか言葉がみつからない。

今年は京本が話を引っ張って行く形となり、特に2幕の流れが良くなった。看守長も居なくて問題ない。歳が近いJr.、年下のJr.がやるのにはやっぱりこの役は無理があるのは感じて居たので、これはこれでいいかもしれない。

2幕が結構変わった印象だったけど、私が入ったのが唯一マリウスの居ない公演で、マリウスが入るであろう部分はなんとなく察して観てた。ここはジェシーがよく頑張っていたと思う。

 

今月は上記に加え、アンダースタディも観て、舞台強化月間となった。

今年はあとエビ座、GOEMON、クロスハート、できたら文ちゃんのミュージカルも観たい。ジャニーズオールスターズアイランドも当たれば12月に行きたいなとは思っている…

 

…ヲタクだったってイッツ一オーライ!ハイ!!