読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

babyblue

キスマイとJr.中心のヲタク

27時間テレビ【いただきハイジャンプ×キスマイBUSAIKU!?超合体フェス】

書こう、書かなきゃと思いながら今更感ありありですが、27時間テレビ「いただきハイジャンプ×キスマイBUSAIKU!?超合体フェス」についてです。

 

前回のエントリーで27時間テレビでJUMPと番組をやる意義についての個人的な考えを書かせて頂きました。

 その答え合わせと率直な感想をまとめてみました。

babyblue.hateblo.jp

 

OAを見た感想を簡単にまとめていきます。

まず、一応MCリレーとして2グループの名前があがっていたけど、やはりうまくコメントを引き出してくれる力のあるMCが居る安心感。若干乗っ取られてたけど、田村淳さんが居てよかったな(笑)

ご意見番と実行委員会のみなさんも色々とありがとうございました。

 

キスマイもJUMPもお互いのVTR見て照れたり、笑ったりのワイプが結構面白かった。

やってるときは本気なんだけど、スタジオで他の人の見てると「自分やっちゃったなって」思い始めるのキスブサあるあるですよね。だからこそ、薮がVTR見るの本気で嫌がってるの面白かった(笑)

スタジオでの対決は、やっぱり2年前に経験したキスマイの方がスムーズにお題をこなしていた印象。

キャリアが違う!by千ちゃん

 

前回は本当に直前にお題も誰がやるのかも決まる形で、グダグダだった反省を含め、誰が登板するかは決まってたと思うんですよね。だから、みんな考える時間はあったはずなので、JUMPを見てるとスタジオの雰囲気や照れ、キャラが邪魔した感じだったのかなという感じをうけました。

JUMPの中で誰が何をやるか、どこまでやるのか縛りの有無はわかりませんが、なんとなくやり切れてないのかな?(本人たちの意思なのか事務所の意思なのかはわかりませんが)すごく勿体なかった。

 

勝敗についてはキスマイ担の中ではキスマイが負けるんだろうと思われていたけど、VTRが中心だったから水泳対決をまとめた時点での点差は予想がついていたと思うので、制作サイド的にはキスマイ勝利で終結する形でもOKだったんですよね(笑)

前回書かせて貰った通り、自分たちの場所は自分たちで守る!キスブサはやっぱりキスマイがやってこそ!と思って貰うことが出来たのではないでしょうか?

今回これを証明してくれました。これからもキスブサでキスマイならではのバラエティを見せて貰いたいですね。

そしてJUMPよ、すまん。

でも今回は許して。

 

 

あと北山担の私の欲目ではありますが、プールシチュエーションの1位6位発表前のトークの持って行き方が上手かったなと。1位かどうかは置いといて、相手を煽り、自信を持って1位だ!と言い切るトーク。6位の場合でも周りに「あんなに自信あったのに~」という展開にもなるので、いつものキスブサでもやってることだけど、バラエティ的にも1位でしたね。

やっぱり水着姿の北山君は強い!泳ぎもシチュエーションも大得意ですね。

  

以上 

27時間テレビでキスブサをやると言うこと

FNS27時間テレビフェスティバルにキスマイも出演する事が先月末発表された。

ナオト・インティライミさんのフェス、JUMPといたジャン、キスブサのコラボコーナーに出演する様だ。

キスブサに対するTwitterでの反応を見てると、JUMPファンは喜んでいる人も居たけど、多くの人は「無理」「自担の見れない」「女の子とキスしたりするの嫌だ」などと言った反応がすごく多かった。

アイドルファンの反応って普通こうゆうもんか~。ピュアだなぁと思ったのが正直な感想(笑)

それと「キスマイがやるからいいんだよ」という意見もみた。

これには勝ったと思った。

「キスマイがやるからいい」=「キスマイしか出来ないこと」だと解釈した。
OA当日の勝敗がどうであれ、順位がどうであれ、私はキスマイファンもJUMPファンも観てくれてる人がそう思ってくれたらいいなと思っている。

今キスマイはデビューから5年が経過しようとしている。デビュー直後から中居くん、濱口先輩などテレビでバラエティを叩き込まれてきた。過酷な企画や格差のある扱いを最初は私も不満に思っていた。そんな姿を見る為にデビューしたのか、応援してきたのかと。
それも徐々に慣れと格差も緩和されてきた矢先のことだった…

今年の1月、キスマイを受け持っていた飯島さんが辞めると言うのだ。我々が受け入れつつあった方向性を揺るがす事態となった。
派閥が無くなり、他グループとの交流が増えるのかと思ったが、この上半期を見ている限り、そうではないところもある。セクゾは夜会やVS嵐など出して貰ってるのを見て、キスマイはまだまだ蚊帳の外な気がしてならない。
そんな最中、巡ってきたチャンスだと私は思っている。
事務所に他のグループにこの5年で身につけたバラエティスキルを見せつけてやって欲しいし、キスブサは他のグループには出来ないキスマイだからこそ出来る番組である事を証明して欲しい。
カッコイイも可愛いもちょっと情けない姿も一所懸命こなすこと、不器用な部分、人間味のあるところがキスマイの良さであるから。それを味わえるのがキスブサだから!


自分たちの領域は自分たちで守るべし。
この番組だけは渡さない!
昭和ドボンだろうがなんだろが、そこだけは頑張って!


正直、JUMPがやるとどんな感じになるのか全く想像つかないので、めちゃくちゃ楽しみにしている(笑)
でもって、「キスマイもカッコイイじゃん」って言って貰えるよう朝4時からだけど頑張ろう、キスマイ!

I SCREAMはいいぞ!

6/22発売キスマイのNEWアルバムについて書きます!他担さんにも薦めたいアルバムになっているので、キスマイ担さんにどんどん書いて欲しい!

I SCREAMはいいぞ~!

正直、去年のWORLDがあまりにも残念だったので(シングルに収録済みなタイアップ曲ばっかりだったから)今年はソロもあるし、それ以外の曲も凄くいい曲が出揃ってます!
今回のアルバムで個人的にオススメなポイントをいくつか紹介していきます。


オススメポイント①
≪6つのMV≫

どのグループもその年によって、ソロの場合、コンビの場合がありますがデビューから5年やっと全員のソロ曲が出来ました。
藤ヶ谷、北山、玉森、千賀はJr.時代からソロ曲がありましたが、3人には本当に本当の初ソロ曲の誕生の瞬間です!盛大に祝ってあげたい!!
そんなめでたさ故か、それぞれの意向を最大限叶えてくれたエイベ様々。ありがとうございます。
6つのMVを見てるとたくさんの人と一緒に作っていること、たくさんの時間を費やして作って来たことを感じます。
特にメイキングではここに掛けるメンバーの熱い思いが見受けられますので、必見です!


オススメポイント②
≪YES! I SCREAM≫

今回のリード曲です!
これがまた良い!オリンピックイヤーにぴったりな曲(キスマイには関係ないけど 笑)
デビュー5周年を向かえ、またここから新たな挑戦へ…みたいな意向がみえます。
サビの「今よりもっと前へ そう願い続けた~」のあたりとかね。
コンサート楽しみ、あー絶対楽しい!
MVも沢山の人と街を行進してる画が多く、力強く歩んでる姿が曲とマッチしてます。色も鮮やかで、街並みも可愛らしい!
メイキングスタッフさんともここに来て仲良くなってきたのか、スタッフさんと和気あいあいとしてる姿も見どころの一つです 笑


オススメポイント③
≪Re:≫

アルバムに収録されている「Re:」という曲でキスマイが全員で作詞した曲です。そのメイキングと1人1人のソロアングルMVが収録されてます。
ソロで歌ってる姿をひたすら見れるのちょっと凄い。しかも7人分。
北山さんのを見たけど、途中グッと来て泣きそうになりました…。
こうゆうの弱い…今までのこと色々思い出す曲ですね…。応援してるのって、一方的な形じゃないですか、それに応えてくれる歌を作ってくれるって、嬉しいもんですね。


オススメポイント④
≪キスマイシェアハウス≫

シェアハウスと言うか、遠足みたいな感じ 笑
シェアハウスまでのバスの中でゲームしたり、BBQしたり、語り合ったり、朝起きられなかったりとキスマイのわちゃわちゃ映像盛りだくさんです!
個人的に印象的だったのは、北山さんがバスの中で叩いて被ってジャンケンポンをした時に、負け続け「俺、マジで下手」というシーン。
キスマイの中では割と器用な方の北山が叩いてかぶってジャンケンポンが苦手っていう事実が可愛くて仕方がない!
10数年見てきて初めて知った 笑
あとは、朝のパジャマ姿のキスマイがとても可愛いのでぜひ、見てください!!!
キスマイをあまり知らない人にも一人一人のことがわかる映像になってると思うので必見です!


おまけ

試聴段階から一番好きだったのが「Flamingo」!!
宮田(たぶん)の「今更踏み込めない,border Line」がすごくいい!やさしい声色で曲にあってる。
千賀の高音のフェイクもいい!今までにあまりなかったから、これからももっと色々挑戦して欲しいなぁ~

ってことで、他担さんも良かったら見てくれると嬉しいです。

↓ソロ曲MV&Re:が入ってるアルバム

I SCREAM(2CD+2DVD)(完全生産限定 4cups盤)

I SCREAM(2CD+2DVD)(完全生産限定 4cups盤)

↓YES!I SCREM&キスマイシェアハウス

I SCREAM(CD+DVD)(初回生産限定 2cups盤)

I SCREAM(CD+DVD)(初回生産限定 2cups盤)

↓通常版

I SCREAM(2CD)(通常盤)

I SCREAM(2CD)(通常盤)


I SCREAMはいいぞ~!

オタ活のテーマ曲

待ってました!!!

私も実は昔からヲタクをしてる時によく脳内で流すテーマ曲を持っていて、同じくテーマ曲を持ってる方が居るなんて嬉しかったので、書いてみました。

mizuki-53.hateblo.jp

テーマお借り致しました。

よくブログを拝見させていただいております。m(_ _)m

 

 

 

Feel your breeze/V6

作詞 村野直球 作曲 宮崎歩

いつか 想像してた未来と いまが

すこし違っていたって

夢の ための 涙は まだ消えずに光り続ける

ずっとココロはきみを見てる

胸に刻んだ気持で

永遠に 夢を 感じよう あの夏雲あふれるように

爽やかな青春応援ソングなんですが、このサビの部分がなんだか胸を締め付けられるくらいに切なさを纏っていてキュンと来る曲です

Jr.時代もがいている姿、そしてデビュー後、環境やそれぞれのキャラクターの変化を求められて戸惑いながらも頑張ってる姿を見ながら脳内でこの曲を流しています。

 

Feel your breeze/one (CCCD)

Feel your breeze/one (CCCD)

 

 

 

キミとのキセキ/Kis-My-Ft2

作詞作曲 市川喜康・マシコタツロウ・ha-j

いつか ささやかなキミの夢が

地上に舞い降りる瞬間

誰よりもそばで 僕が

見届けていたい

You're my shining star 無限の輝き

キラキラアイドルソングで振付けも可愛くて観るのも好きな曲です。

いつか私の応援してる子たちが「夢が叶った!」って幸せそうに笑う顔が見たい!それが見れる日まで出来るだけ見守っていたいなぁというのが私のヲタスタンスであります。

なので、ちょいと重いなぁと自分でも思いますし、前の曲と似た感じだけど現場入った後に「またコンサートを、舞台を観たい!見せてくれるよう応援するっきゃない!!」と自分を奮い立たせる為に脳内で流します 笑

 

キミとのキセキ (CD+DVD) (初回生産限定盤A)

キミとのキセキ (CD+DVD) (初回生産限定盤A)

 

 

以上。

ジャニーズ銀座E公演 MADE 感想

私個人的にも初のジャニーズ銀座ではじめは何がなにやらでしたが、当券にも並びましたし、やり切った!
E公演、H公演以外にも観たいところがありましたけど、ここに集中!ここは絶対!と言う執念と執着(?)からもぎ取った1公演!無事観る事が出来ました\(^o^)/

 

MADE初の単独公演おめでとう!お疲れ様でした!
MADEにとっての初のクリエは観に来た600人をきっちり自分たちのファンにしていくことだったのではないでしょうか。
セトリの多くの曲がNEWS、嵐で構成されていたのもNEWS、嵐ファンでMADEに興味を持った人(ファンになる一歩前)にとっては嬉しいことだと思います。
まったく知らない曲を並べられると、ノリについていけず萎縮してしまったり、つまらなさを感じてしまう場合があるため、知っている曲が3曲に1曲でもかかれば、飽きを感じさせないのではと思います。
そこまで考えてのセトリだったかはわからないけど、NEWS曲が定期的に入ってくるし、最近発売されたWhiteの曲ばっかりだったのが印象的。
最近のNEWS曲には疎くなってた私もWhiteをDVDを見ていたお陰でポンポコや恋祭りとか楽しく盛り上がれました!
MADEにとってはここが新たなスタート、来年に繋げる為には今回のお客さんを自分たちのファンにして帰さなければ、いけなかったはず。まだ、冒険というより確実なコンサートを作ることに終始した様に思えました。
正直、のぶき以外の歌声はじめて聴いた!のぶきはバラード系で来るかな?なんて思ってたけど、意外と可愛い選曲だったし、いなぴさんが「Feel it」でスタンドマイクでカッコよく歌い上げるなんてドキドキ止まらないっすよ!
大河のダンスも流石だったし、魅せるよね~~!とみけんが「ツキノミチ」を選んだのもジャニーズ一筋とみけんらしい!そこからのKAGUYA、IZANAMIの和メドレーの持ってき方にたくさんの演出を見て来たMADEならではの上手さを感じました。
メイドカフェを出してくるのが、最高!めいどちゃんメイドになってるの最高!!!!(興奮MAX)
また、その曲がディスコスターなのがね。笑
その後MC入るんだけど、「脱いでいい?」って公開エプロン脱ぎ姿晒してくれるのがまた最高かと。上手く脱げないのぶきとか最高だったね。キャラ裏切らない!笑
会場内の雰囲気もアットホームだったし、出演メンバーだけじゃなくお客さん、見学組も盛り上げててこれがクリエなんだと改めて、クリエでの公演がJr.担にとって大事な時間であり、楽しみな時間なんだと思いました。
本当に観る事が出来て幸せでした!
 
後、入りたかったThey武道のクリエ…。噂には聞いていたけど、今年もセトリ最高で観たかった 泣
しかも、のんちゃんにコタも居て、クリエって天国だったのかと。
書いてる現在ちょーどオーラスが始まったところで、ちょっと早いですがH公演のみんなもお疲れ様!レポ見てるだけでも楽しい期間でした!
 
さぁ、次だ!次だ!
 

滝沢歌舞伎2016の感想&今年の滝沢歌舞伎の歌舞伎について思ったこと感じたこと

今年も滝沢歌舞伎を観に行って来ました。

もう、千秋楽から一週間経ってしまって、その間にクリエやらTHE CIRCUS!やらもありましたが、折角なので思ったことを書き留めておこうと思います。
 
余談ですが、小学生の頃はV6ファンでした。当時はお茶の間で、V6の番組を見たり、CDを買ったりとその程度でした。しかし、長い年月を経て、何段もの階段を転げ落ちるみたいに加速してここまで来てしまいました。
だから、はじめてのV6が滝沢歌舞伎だなんてなんだか縁みたいなものも感じます。
 
感想を率直に話すと、1幕は殿のOP、健ちゃんのOPと分かれている様に、2つの世界が舞台上にある印象でした。変面とMASKも然り。
後半の歌舞伎へ向けて、その2つの世界が混ざり合うことで出来上がる太鼓や浮世艶姿桜etc…がこれまでと違う空気を感じました。
それは、やっぱり先輩を殿が共演者として連れてきたことで、殿事態にも新鮮な感覚があったように思います(すべては私の見立てですが)
過去の歌舞伎と比較され、スタイリッシュと言ってる方が多かったですが、ジャケットの衣装も多くて和風要素を限定したのもあったのかな?それに健ちゃんのシーンは去年の北山くんや藪と違い普通にV6の曲を使っていたのもあるかもしれない。MASKは去年と同様の音楽でしたけど。
あとは、4月中はアドリブが少なかったのもあるかも、5月に入って口上への無茶ブリが加速して行ったし、お化粧でのケンタッキーのおしゃべり時間が増えてった 笑
私は4/16と5/7に観劇をしたんですが、5月に観たとき目に見えて健ちゃんがリラックスしてる時間が増えたかなと。(担当様から見たら違うかもしれませんが 汗)
怪我の経過も良かったのかな?少し心にゆとりが出来ただろうし、出演者ともいいコミュニケーションが取れていたのかもしれませんね。
2幕の鼠も本当に楽しくってみんな楽しそうでこうゆう空気もいいなって思いました。「義経」「将門」ような悲劇ガッツリ殺陣でみんなが切られて行く様を見るのも大好きですけど←
 
個人的に一番は林くんの雪女です。林くんが立ってる舞台もいくつか観てきましたけど、あの3役の演じ分けは見事でした。個人的にストレートプレイが好きなんで少ない人数の舞台のお仕事来ないかなぁ~じっくり演技が観れる現場欲しくてたまらなくなりました。
 
あ、そういえば5月26日(木)20:00からNHKで「鼠、江戸を疾る2」に出てるんだった!みんなで見よう!←
 
 
はい、ここからが割と本題です。
今回の滝沢歌舞伎、ポイントは"オリジナル"ってところかなと。今までは歌舞伎の人気演目を元にアレンジして演じて来ました。
 
歌舞伎をはじめた2008年とかかなり真面目だった印象を持ってます。
当時の演目は「鷺娘」「櫓のお七」「執着獅子」(「浜松屋」はJr.のみ)で舞踊の演目しかありませんでした。この年の公演前だか後だかに殿が歌舞伎シーンで「セリフを喋るのに抵抗がある」みたいなことを言っておられたのが印象的で(ここソースがしっかりしなくて申し訳ないです)歌舞伎役者ではない自分が喋ると世界観を損なうのでは?と思ってたのかもしれませんね。
歌舞伎役者ではない、けども歌舞伎世界を見せると言うことに対してプレッシャーも感じる部分があったのかもしれません。歌舞伎へのリスペクトの姿勢としてとても真面目な作品となってます。
 
滝沢歌舞伎と名を変えた2010年、これまた真面目に「娘道成寺」を作ってきます。わたしはこの作品を前年に歌舞伎座で観たのですが、滝沢歌舞伎でもすごくすごく雰囲気を近づけていてビックリしました!だって義太夫までいるんだもんビックリだよ!ドキュメントにはJr.の鼓や三味線の練習風景もちょこっと出てきます。
名前が変わったことでより、歌舞伎部分に力が入った感じを受けました。
 
歌舞伎といいつつ歌舞伎やってないじゃないか!?と思った方が過去のDVDを見てみるといいかもしれませんね。
 
そんな昔の滝沢歌舞伎(滝沢演舞城)と比べると1幕の歌舞伎部分は今年は特にあっさりしてたように思いますが、2幕冒頭の鼠の大捕物にお囃子と附け打ちがあり、拍子に歌舞伎みを感じました。過去の作品の歌舞伎部分を真面目と表してきましたが、今年はオリジナル作品となったことで歌舞伎の要素を部分的に取り入れたり、男女舞のように女形を通して表現したい部分を、過去の蜘蛛や鶴のような滝沢歌舞伎らしい迫力と煌びやかさを簡潔に見せることができたのかな。
そもそも歌舞伎って白塗り着物で舞ったり、演技してれば歌舞伎なのでしょうか。
 
元々歌舞伎は出雲の阿国の歌舞伎踊りや、歌舞伎者と言われた型破りな若者たちなど過去の伝統芸能(能、狂言)から一脱した存在でした。
江戸の庶民の間で親しまれ、様々な演出方法が生み出されてきました。
鶴屋南北が書いた四谷怪談での戸板返しなんかは当時はマジックの様に驚かれただろうし…滝沢歌舞伎のセグウェイとなんら変わりはありませんよ←
いつの時代も人を楽しませるエンターテイメントを生み出すのは、型破りな発想なのかなと私は思います。
それが出来るのが殿の凄いところであり、プロデュース力といいますか、ちょっとジャニーさん二ズムを感じるところであります。
去年観たスーパー歌舞伎もすごく型破りで、滝沢歌舞伎みたいに水ジャージャー流すし、本来の歌舞伎より立ち回りも早いしアクロあるし、歌って踊る。やってる作品がワンピースですからね。笑
 
伝統芸能と言っても歌舞伎は時代によって、様々な演出や演目が追加されています。それを柔軟に受け入れてきたからこそ現代でもたくさんの公演が行われ、多くのお客さんが見に来るのだと思います。
長くなりましたが、そこが今年の滝沢歌舞伎を観て感じた部分でした。
 
まぁ、歌舞伎素人なので話半分に考えてくださればいいですし、全然見当違いかもしれませんし。笑
こんなことを考えるきっかけとなったのはTwitterで「歌舞伎ってあの部分なの?」「あれだけなの?」というツイートを見かけて自分なりに滝沢歌舞伎における歌舞伎ってどうだろうと思ったことでした。
今年もDVD収録があったということはドキュメント期待大!今年の滝沢歌舞伎について殿の口からどうゆう想いで作ってきたか聞きいて「全然違うじゃん」ズコーってなるのが楽しみです。笑
 
来年も春踊りは「よ~いやさぁ~」と言えますように!

Jr.に送る中丸ソロ曲プレゼン

中丸ソロ曲が好き。
中丸ソロ曲がもっと聴きたい!
なのにJr.はなかなか歌ってくれない…

だったらクリエも近いので、中丸ソロ曲の良さを私がプレゼンしましょう!(中丸担でもないのに)

ここ数年のKAT-TUNには疎いんですが、2004〜2010年までの間でわかる中丸ソロを勝手にMADやThey武道にプレゼンする遊び開催です!←
個人的な見解なので間違った解釈等は多めに見ていただけると嬉しいです。

江田剛→ WHITE WORLD
優し気な雰囲気が合うかと思って!
2009年惑星魂、曲前のパフォーマンス(メインステの至るとこに逃げるやつ)にMAD、センステにミスノ、メインステにMADE、途中から出て中丸ソロになのにカメラ目線を抜かれる藤ヶ谷北山河合戸塚!(記憶違いがあったらすみません)
ちょっと豪華過ぎません?
そんな印象のある曲だから、江田ちゃんにはバック引き連れて歌って欲しい!
逢いたくて逢いたくて~瞳閉じて君を見る~

林翔太→Answer
林くん歌ったら、絶対切な美しいよ!
白シャツに白パンツ、バックから柔らかな光がぽわっと付いて優しい世界が広がってるのを泣きながら見聴きしたい!
個人的には「雨の中 夜の中 迷いながら 歩いてきた 遠くまで 遠くまで 道は続いて見えるよ」ってフレーズが好きです。

山本亮太→SMACK
明るく楽しく歌って踊ってくれそう(*´∀`)
中丸の書く詞はいい意味でピュアで真っ直ぐな恋が多いイメージです。中でもSMACKが一番ピュア、1歩間違えたら中二病(笑)いや中二病ソングだこれは!
だって「病院で診察して恋の病だと
わかる」し「目を閉じて 僕の肩にコロン かわいさ倍増」ですよ?!
だからこそ(?)りょうちゃんにピッタリかな←
ガツガツ踊りながら歌ってもいいと思うんですよね。りょうちゃんの形になったSMACKを見てみたいんです!

松本幸大→MY WEATHER〜Understandable
悩んだ為メドレーでお願いします!
コタの力強い歌い方だとすごく印象が違うものになりそう!(笑)愛し方がぎこちなく無さそうだけど笑顔で抱いて幸大さん!

池田優→key of life
「壊れない過去綺麗な思い出 心の中にならべて」
あれ?涙が(泣)
メロディが好きな曲です。池ちゃんのハイトーンボイスともよくマッチしただろうな~確か今年のクリエは池ちゃんにkey of lifeを歌って欲しい!から始まったんです。

いつまでも諦めきれないヲタクでごめんな。


今回は以上です。最初2015年9月あたりに簡単に書いたものに追記した形なので、池田くんおります。きっかけは池ちゃんにkey of lifeを歌って欲しいだったので、そのままにしました。池ちゃんよカラオケででも歌ってくれ、そしたら私は本望だ←
今年のクリエはコタもいません。書いた当時は今年のクリエがこんな形になるなんて思ってませんでした。だから次に向けてウキウキ妄想を繰り返してました。コタにはまた自分たちのコンサートに出る機会が来る事を切に願ってます。
They武道さんは観に行きたいとは思っていますが、チケットはありません(泣)
入れなくとも、彼らの考えるコンサートを楽しみにしてます。もうセトリは決まってるみたいだけど、良かったら中丸ソロ曲やってみてね←

以上。